プロフィール

ようこそ<崩壊の世紀>へおいで下さいました。

20世紀末の段階で地球の環境悪化、環境破壊は非常に深刻な状況になりました。21世紀に入りその状況はますます深刻になっています。その20世紀末から長い間、地球環境の破局、環境破壊を食い止める方法を思索してきましたが、地球環境の崩壊と文明崩壊は止められない・・・との結論を翻すことは無理であるとの結論に達しました。

その主な理由は大きく二つあります。一つは環境の帰還不能限界点[Point Of No Return] を過ぎて取り返しがつかないところまで来てしまったと考えられること。そしてもう一つは、人間、人類の(生物?)のパラドックス・・・「強いものほど自滅する」です。これらについてはこのサイトで追々説明していこうと思います。

文明が破局を迎えて崩壊しても、それが即、人類(生物)の滅亡ということでは無いでしょう。これまでも多くの文明が崩壊してきましたが、ジェノサイト(過去の人類が犯してきた大罪・悪行。)やカタストロフィー的自然の大災害などによる絶滅でもない限り、生き残りも存在しました。その生き残り・サバイバルが、持続可能な定常社会を作っていくことを探ることがこのサイトの主題です。

ただ、来たる文明崩壊は、地久全体的なものでこれまで人類が経験した中で最も深刻な大崩壊になるであろうと予測されますので、サバイバルもシビアーになることでしょう。

このサイトの内容は、21世紀の初期から存在する別のサイトの記事を書き直して転載する場合もあります。そのサイトは事情により(暫く)明かさないでおきますが、そのサイトの記事の盗作ではなく、あくまでも(添削しての)転載の合意がされているものです。その経緯について、いつか触れたいと考えています。

ただ、来たる文明崩壊は、地久全体的なものでこれまで人類が経験した中で最も深刻な大崩壊になるであろうと予測されますので、サバイバルもシビアーになることでしょう。

このブログは、上記の経緯を踏まえて HN:崩壊の世紀 で始めましたが、途中から実名での発信も考えております。

このブログは、上記の経緯を踏まえて HN:崩壊の世紀 で始めましたが、途中から実名での発信も考えております。
よろしくお願いします。